請求項の図解に挑戦①(修正済)

昨日頂いたコメントを受けて、P&G特許(特表2005-507913)のWhat is claimedを図解を始めた。3時間の作業で、進捗は5割。。。意外と時間がかかる。頭の中でイメージしたり、走り書きしたりするだけなら早いけれど、後々の利用を考えて体裁を整えようとすると、そうはいかない。まぁ難しい作業ではないし、嫌いでもない。むしろ楽しい。

作成部の抜粋:請求項1


1. A cosmetic composition comprising an oil-in-water
emulsion that further comprises:

a) a continuous aqueous phase comprising:
1) from about 0.1% to about 10%, by weight of the composition, of a non- emulsifying crosslinked siloxane elastomer Swelled in a non-polar solvent;

b) a dispersed oil phase comprising:
1) from about 1% to about 25%, by weight of the composition, of an oil compatible colorant; and

2) from about 0.01% to about 20%, by weight of the composition, of a binder, and

c) from about 0.01% to about 15%, by weight of the composition, of an emulsifier.


 

    • 各物質の大きさとか形状は、今のところ、テキトー。
    • 対訳では、請求項の冒頭が『エマルジョンの形態の化粧品組成物であって、前記組成物が、』となっていることを発見した。つまり、原文のoil-in-waterが抜けている。

【図解の利用方法(案)】

  1. 図だけをA4で2ページくらいにまとめて、その特許明細書についてのメモ(A4ペラ1くらい)と併せてステープル。これを勉強した特許明細書毎に作成してファイリングし、類似の明細書に取り組むときの資産とする。
  2. 1の一部をPDF化して、CVと一緒に送り付ける。あるいは、ウェブサイトに載せておいて、CVの中にURLを書いておく。アピールと差別化はできるんじゃないかな。

・・・とりあえず、今日中に図解を完成させよう。

追記)2枚目の図に誤りがあったので差し替えました(2018/01/20 08:53)

「請求項の図解に挑戦①(修正済)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です