コーパスの準備の準備

コーパスやコンコーダンスが取り上げられたビデオ(67,126,291,1495,1504)を視聴して以来、コーパス言語学に興味がもっているが、まだ特に行動をしていなかった。
でも、来週末に、市民公開講座レベルの通訳・翻訳論入門の勉強会に参加することになったので、指定図書『よくわかる翻訳通訳学』を図書館で借りてきた。

本書の内容は多岐に渡っており『翻訳・通訳の歴史』、『職業としての翻訳』や『翻訳とテクノロジー』など、”翻訳”がそもそも何なのか、ということが説明されていておもしろい。コーパスや機械翻訳も翻訳論のカテゴリに入るようなので、この勉強会で何か掴めるかもしれない。

ビデオで再三『置換屋はダメ!』といわれるが、本書の冒頭『翻訳』の定義の項に、以下のように書いてあった。本質的に同じことを言っている気がする。


(前略)起点テクストの意味を理解し、目標言語において適切な訳語を選ぶことは、単純な作業のように思われるかもしれませんが、実は大変難しい作業です。(中略)言語間翻訳をする際には機械的に語を置き換えることはできず、前後の文脈を含めて、(中略)その語が含まれたメッセージ全体を解釈し、それを目標言語において表現する必要があります。


なお、この勉強会は、昨年秋頃に縁があって入会した、翻訳通訳関係者ネットワークのオフ会である。案内によると、前半は『通訳・翻訳論超入門講座』で、後半は『FITS2017 (国際翻訳者連盟世界大会ブリスベン大会)&JAITS(日本通訳翻訳学会年次大会)の参加報告』の二部構成となっている。今まで意識の範疇になかった、新しい世界が広がりそうでちょっと楽しみ。
なお、会場は公共施設の会議室で、おしゃれ感はゼロ。翻訳者志望の初心者としてはプロになる365日前の身としては、会場の隅の方でしっかりメモを取るつもりだ。

【その他メモ】

アルコキシル(alkoxyl)
一価の基RO-をいう。Rは鎖式または脂環式の炭化水素基であるが、普通はアルキル基の場合を指す。対応するRの語幹をとって、メトキシル、はエトキシルなどという。
※置換基名としては、アルコキシ(alkoxy: メトキシ, エトキシ)という。
ラウリル硫酸ナトリウム(sodium lauryl sulfate, SLS)
陰イオン性界面活性剤の1つ。ドデシル硫酸ナトリウム(ドデシルりゅうさんナトリウム、sodium dodecyl sulfate, SDS, NaDS)とも呼ばれる。硫酸のモノ長鎖アルキルエステルのナトリウム塩である。

==> 先日勉強した『分散基礎講座』第9講の低分子分散剤の表に、アルキル硫酸塩の名前で載っていたが、名前が違うので気づけなかった。残念だ。

 

 

「コーパスの準備の準備」への4件のフィードバック

  1. 自分で自分のことを初心者というと
    脳のクロックが落ちるからやめましょう。

    1年後に数百万稼ぐ人。
    1年手前、365日手前にいる人。

    そう考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください