化粧品について

本格的に講座に取組み始めて、そろそろ1ヶ月。順調とは決して言えないけれど、制限された時間の中でやっているにしては、まぁ頑張っていると思う。とりあえず、毎朝3時に目覚まし無しで目が覚めるようになった。今後の課題は、どうやってもっと時間を作るかだ。あー、2時に起きれないかな。

さて、乳化や分散、高分子など基本的な部分を勉強したことで、P&G特許(特表2005-507913)の内容を徐々に理解できるようになってきたが、まだバインダや色材、保湿・光沢成分のついての理解が浅いからここを深掘りしなくてはいけない。

でも、上記の不足を埋める等この特許明細書を潰したと仮定して、他の特許明細書を読み込む際に、これがどれだけのレバレッジとなるだろうか?つまり、ほかの化粧品関係の特許明細書をどのくらい読めるようになるのだろうか?

そもそも『化粧品』とは何だろう。

化粧品について

独立行政法人製品評価技術基板機構のウェブサイトで、化粧品の分類とその構成成分について調べた。

化粧品(薬事法)
人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚もしくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう

意外なことに、シャンプーや全身洗浄料も化粧品らしい。ということは、CVで得意分野に『化粧品』と書いたら、翻訳会社はどのように解釈するのだろう。そこに『シャンプー』は含まれて『美白○○ファンデーション』は含まれないのだろうか?うーん、CVを書く時には、特許分類上の基準と併せて確認しよう。

また、化粧品の構成成分は大別して4種類(1.化粧品のベースを構成するのに必要な基剤原料、2.生理活性や効果・機能を訴求するための薬剤原料、3.製品の品質を保つのに必要な品質保持原料、4.色や香りに関連する官能的特徴付与原料)ある。今回の特許明細書は、『着色剤含有内相を含むシリコーンエラストマーエマルジョン化粧品組成物』だから、1の基剤原料に係るものだろう。


化粧品の定義と分類が判明してスッキリしたので、つぎに、特許庁DBで、関連する日本語の明細書を調べた(英語が原文の明細書は、誤訳があるかどうかを悩まなくてはいけなくなるので、今回は除外した)。”シリコーンエラストマー”、”化粧品”等の単語で検索すると数百件がヒットしたので、比較的短いものを3つ選んで、まず1つ目を読んでみると、今回取組んでいる特許明細書の対訳を読み始めた頃と比較して理解度が上がっているのがわかる。調べなくてはいけない用語や背景知識は沢山あるが、消灯した暗い部屋でメガネを探すか、常夜灯がある中でメガネを探すか、くらい違うと思う(ちなみに、私はメガネっ子)。うん、レバレッジだ。

【その他メモ】

・1113(誤訳の研究)、1114(誤訳防止のためのロジカルシンキング)を視聴した

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください