勉強会とGoogle Adsense

今朝は寝坊したので勉強できず。。。
昨日の記録だけメモ。

翻訳・通訳の勉強会

通訳翻訳関係者のネットワークが主催するイベントに行ってきた。勉強会というよりは、業界の現況についての認識を参加者が共有し、翻訳/通訳を育成するためのアレコレを会議通訳の重鎮が語る、というものだった。

通訳寄りの話が多く、私が聞きたかったコーパスやコンコーダンスの話は出てこなかったけれど、最近の同時通訳に関する話題(世界中の同時通訳者が感じている、トランプ大統領の英語を訳す苦労/医療通訳の現場の話)は、今まで知らない世界のはなしでとても面白い。ニュアンスや語尾のちょっとした違いによって、医療現場における患者ー医師の信頼関係が変わったり、陪審制度において、被告の量刑に差が出てくるなどの事例紹介があった。

医療通訳の原則は『何も足さない、何も引かない』の導管の姿勢だけれども、その結果が通訳を必要とする人物にとって不利益になる場合、通訳者/翻訳者ができることは何か、というトピックは特に印象深かった。

例1)『医師のセリフだけでは、文化的背景が異なる患者は、治療方法を十分に理解できていない』ことを通訳者は認識し、医師に対して『患者が理解していないので、図を描いて説明をすること』を促す。

例2)産婦人科で、患者の子ども(小学一年生の女の子)が通訳者として、医師-患者の間にはいっているとき、医師が女の子に対して『お母さんのお腹の中の赤ちゃんはもう育たないから、流産の手術になる』ことの通訳を促していた。別件で現場に居合わせた医療同時通訳者は、医師に対して子どもに対する配慮を訴えた。

Google Adsense

ブログが思いのほか続けられているので、Google Adsenseを入れてみる。こんなに毎日毎日、記事をアップしている自分にびっくり。

インターネットの情報によると、

  1. Google Adsenseでコードを取得する
  2. ブログパーツに広告ユニットを設定する
  3. 審査がある

とのことである。とりあえず、コードをヘッダファイルに貼ってみた。あとは、いま使っているテーマには広告ユニットが無いから、テキストウィジットで追加すればいいのだろう。ちょっとずつやってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください