和文明細書を読むルーティン

先日から引き続いて、ナビゲーションシステム(自動運転の部)の和文明細書を1日1件ペースで読んでいて、今朝で5件目が終了した。1つを処理するのに2時間弱だから、週末には3件/日くらい処理できると思う。読んだ内容をどういう風にストックするのがいいかは手探りだけど、現状は以下のとおり。

【作業ルーティン】

  1. 読み終わった各明細書に連番を振る
  2. 各番号で、ワードで内容を整理する(明細書番号、発明の名称、出願人、要約、代表図、メモや新しく知った専門用語)
  3. 新しく得た情報を、マインドマップに追記する
  4. 各明細書は印刷して、2のワードと併せてフラットファイルに綴じる(毎週1冊)

来週は他の分野の特許明細書を読んだあとで、複数分野の特許明細書とノートをどのように管理するか、もう一度考えよう。

【課題】

  1. 対訳取りの時間をまだ取れていない。和文明細書を読む時間とのバランスが大事だ。
  2. 1と同様に、『翻訳の泉』を使った文法事項の復習が滞り気味で、ペースダウンしている。

 

「和文明細書を読むルーティン」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です