進捗(3/12~3/18)

翻訳作業の方法論
  • 読んだ和文明細書:3
  • 英文明細書の和訳:1(進捗:6,779/7,948 word)
  • その他勉強内容:GPS/GNSSの入門書
  • 特記事項:3/18(日)は、子どもをアンパンマン・ミュージカルに連れて行かなければならなかったので、ほとんど勉強できなかった。

処理速度

先週とおなじく、Tradosを使った対訳取り組んだが、公開訳に誤りが多いので、途中から試しに自分で訳してみることにした。

『明細書に書かれている内容の理解度については、公開訳の訳者よりは分かっている(と思う)。多少の調査を追加することはもちろん必要だが、1時間ほどで足りるだろう。』という状態で開始して早々に、自分の処理速度を自覚できていないことに気が付き、Tradosでの処理ワード数を記録した。処理速度の測り方をいくつか試してみたが、(まるで工数管理のようだけれど)30分を1フレームにして、都度、記録してくのが現状に合いそうだ。TMにマッチするかどうかで、速度がかなり違ってくるが、平均すると、 278 words/0.5hだった。

30分1セット作戦の利点

  1. 気持ちを切り替えて、集中して作業ができる。
  2. 『お絵描きいっしょにやろー。』や『お腹すいたー』という、4歳児の色々なリクエストに対して『今、ちょっと待って!』と回答した場合に、我慢して待ってもらえる限界の長さである。
  3. 洗濯や掃除が、大体30分単位で終わるので、スキマ時間の見通しを立てやすい。

その他

無料登録しているメルマガ日経xTECHに、自動車の暗号化機能の記事があった。

http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00161/?n_cid=nbpnxt_mled_fnxt

こういう記事を読むと、測位(高精度地図・IMU含む)もいいけど、暗号や通信も面白そうだな、と思う。