進捗(4/30~5/5)

GWは、体長を崩したり(風邪?)、実家の親が遊びにきたり(1年前からの予約だったので断りきれず)、子どもの日があったり(プリキュアショーに連れて行く)で、1日4時間くらいしか勉強できなかったけれど、過ぎたことは仕方ないので、今日からまた頑張ろう。

さて、今月から、対訳を使った表現の収集を本格的に開始した。3月の中頃に対訳収集に取組んだときと比較すると、公開訳の誤りを指摘できるようになってきているのがわかって、自分の成長にちょっと安心する。

例)GNSSにおける信号追跡および復号(特表2016-536606)

signal tracking
公開訳:信号追跡 私訳:信号追尾

【関連出願】

1年前に、いきなりトライアルを受験した際、「関連出願の相互参照」のところで大きく躓いたのを反省して、対訳を20個ほど集めて「関連出願の相互参照」だけでノートを1冊作成した。思いのほか、表現に幅があったので、自分なりに取捨選択をして、ベースとなる訳し方を決めた。ついでに、「仮出願」や「同時係属出願」についても調べて、先のノートに貼った。

米国特許出願の分類について、まとめたマップはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です