国立科学博物館@上野と秋月電子通商@秋葉原に行ってきました

長いようで短い夏季休暇も残すところ、あとわずか。今日は、2日連続でディズニーに行くという家族と別れ(1日目で疲れ果てた。。)、国立科学博物館と、電子部品の店へ行ってきた。

○国立科学博物館
超有名スポットなので、施設紹介は割愛する。半日ですべての展示を観ることは出来ないので、(日本館と地球館のうち)地球館の科学技術に関する2つのフロアと、特別展の『昆虫』を訪れた。本で読むだけでは理解しにくい自然科学の原理・法則を体験型の展示で実感したり、今まで興味がなかった分野(昆虫の世界)に対する関心が出てきたりして、楽しい時間だった。子どもが小学生になったら、連れてきてやりたいと思う。

【地球館のB3F&2F】
近代科学の発展の契機となったような重要な原理や法則を体験する展示や、説明パネルが多くあって面白かった。様々な研究手法を紹介するフロアでは、ボランティア解説員に、偏光顕微鏡を使った岩石の分析方法(プレパラートみたいな試料を作る)の原理を教えてもらった。

益川・小林理論を説明するパネルの一部(B3F)

 

 

 

【特別展 昆虫】
特に虫に興味がある訳ではないけれど、以前NHKで観た『昆虫すごいぜ』が面白かったので、行ってみた。夏休み前の平日ということもあって、大きな混雑もなく、工夫された展示をじっくりと鑑賞できた。展示の終盤には、CTスキャナや3Dを使った最先端の研究手法や、バイオメティクス関係の展示もあった。

チョウの立体模型
構造色フィルムの説明

○秋月電子通商
秋葉原にある有名な電子部品屋さんの1つである。

インダクタやコンデンサの勉強をするうちに、簡単な電子回路を触ってみたくなり、初心者向けの電子回路キットを買いに行った。この店に限らず、通販でも買えるけれど、色々な電子部品を手に取ってみたかったので、あえて実店舗に行ってみた。

電子回路のキットとといえば、ブレッドボード+MATLABだとばかり思っていたけれど、最近はラズベリーパイなんかの方が主流のようで、店頭の新製品紹介コーナーは、ラズベリーパイの新製品がぎっしり詰まっていた。今回、余分にジャンパ線買ったので、自宅に戻ったら色々と遊んでみるつもりだ。実際に触れるものがあると、俄然やる気が湧いてきた!

ブレッドボード・LEDフラッシャーキット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください