進捗(7/23~7/29)

7月下旬以降、北海道にもやっと夏がきた。とはいっても、日中、やっと30℃の届くくらいで、木陰に入ると涼しさを感じる程度の暑さでしかないから、本州の猛暑とは比べ物にならないけれど。
さて、今週は主に下記の3種類の勉強をした。

1.GPS/GNSSの基本技術(周波数標準、航法データの構造)
※航法データ構造についてはまだ消化不良なので、今日は記載しない。

2.某月例トライアルの復習

3.電子回路の基本(グランド)


1.周波数標準(周波数標準)のノート
周波数源(Cs, Rb, Hなど)の性能は精度と安定度により定義される。

■精度:指定された(あるいは公称の)周波数にいかに良く「合わせる」ことができるかという指標。指定された周波数からのずれを、正規化周波数偏差あるいは相対周波数偏差(relative frequency deviation)という。

例)実際に出力される周波数をf、公称周波数をf0とすると、
相対周波数偏差F=(f – f0)/ f0

f=999.999Hz, f0=1MHzであった場合、F=10^-6

■周波数安定度(frequency stability):一定の期間にわたって指定された周波数を維持する能力。共振器の経時変化や、振動、温度・気圧・湿度といった環境の変化による系統的あるいはランダムな変動により、影響を受ける。

ー>Hメーザが一般に、分厚い金属製の扉で外界から遮断され、温度・気圧・湿度が一定に維持された室内で運用される理由

■アラン分散(Allan variance):時間領域で比較的長い範囲の周波数安定度を表す際に用いる指標。一般の標準偏差は、各計測値から平均値を引いた値の合計から求め
られるのに対し、アラン分散(標準偏差)は一つ前の計測値から引いた値から求められる。

 

 

・アラン分散のメリット:相対周波数偏差の測定値に関するランダム過程の特性は平均化時間τの大きさによって変化するが、アラン分散はどのようなτに対しても収束する。

参考)
デプロ
http://www.de-pro.co.jp/2014/09/24/8027/

NICT
http://www.nict.go.jp/publication/shuppan/kihou-journal/kihouvol56-3_4.html

Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Allan_variance


2.某月例トライアルの復習

本番トライアルの練習として5月に受験した某トライアルの結果が返ってきたが、間違いがいくつか重なったこともあって、自分でも納得の低評価だった(泣)。

気を取り直して、じっくり講評・参考訳・自分の訳を見比べてみると、間違いのポイントは「知っていれば間違えない」類のものと、訓練が必要なものに大別できた。講評の内容をここに直接書くのは著作権的に差し障りがあるかもしれないので、やめておく。

さて、「知っていれば間違えない」≒「いま、できていない」方の課題は、注意深く練習すれば克服できそうなので、講評のポイントを参考にしつつ、4月頃に全訳した特許明細書を題材にして見直しを始めた。1本やるだけでも、かなり改善できる気がする。

対して、訓練が必要なものは、一言でいえば「日本語」である。講評で紹介されていた名著『日本語練習帳』を書棚の奥から引っ張り出して、数年ぶりに読んでみたところ、記憶にあった以上に、練習問題が難しい。この本の練習問題をマジメに解いたのは、まだ学生の頃で、10年以上前だろう。就職して以降、読書量が激減していたから、日本語能力が劣化していたとしても不思議はないけれど、翻訳をやる人間としては、この本の練習問題が解けないのはダメだと思う。とりあえず、今週の目標として、「は」と「が」の使い分けの部分だけでも読み直そう。


3.電子回路の基本(グランド)

今日は沢山書いてそろそろ疲れてきたけれど、もう一息。

先日、秋葉原で購入した電子回路キットを組立てるのに先立って、回路図の見方等の超基本を再確認することにした。電子回路図をちゃんと見たのは中学生のとき以来だし、コンデンサや炭素被膜抵抗等に触るのは、小学生向けラジオ製作教室の手伝いをした約10年前が最後なので、色々と忘れていることが多い。とりあえず、GNDについて復習した際に見つけたサイトを紹介しておく。

■グランド(GND)
参考1)静岡理工科大学うめた研究室のウェブサイト

  • GND(グランド)はその回路の基準電位
  • GNDはその回路の設計者が自由に作ることができる.
  • GND≠電池のマイナスであり,GNDの位置でマイナス電源を作ることができる.

参考2) 始める電子回路

  • GNDは「下水」とみなせる。

「進捗(7/23~7/29)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください