NASについてメモ(機器選定編)

基礎知識(IT系)

職場で使うNASの機器選定のために要件をリストアップしてみると
『自宅にもう1つ増やすなら、こんなNAS』という要件になった。

来年くらいには導入しようと思うけれど、とりあえず、備忘録。

 

===欲しいもの===
既存のNAS上に記録されたファイル群のうち、アクセス権限を有する一部のファイルのみを、組織内のインターネット経由で、スケジュールバックアップすることができる製品(スナップショットがあればなお良い)

#情報収集
小規模オフィスで使うには、どんな製品を買えばいいのだろう?

・Google検索してみる。
・価格.comとAmazonで人気商品を調べてみる。
・家電量販店に行ってみる。

価格ドットコムの人気ランキング(2018/8/16現在)

→最新の製品の相場・機能は大体分かった。でも決定には至らず。
そこで、要件をもっと具体的にしてみる。

#要件整理
要件1:保存できるデータ量は、最大で500GB程度でよい(現在のデータ量:320GB)
要件2:スナップショット機能が欲しい(必須ではない)
要件3:あくまで既存のNASのバックアップなので、RAID1を想定している
要件4:一般ユーザがアクセスすることは想定していないので、速度は多少遅くても良い。
深夜に管理ユーザ権限で、バックアップのコマンドを自動実行するのみである。
要件5:予算の上限は5万円である(状況によっては超過してもよい)
要件6:分かりやすいUIがよい

#選定&見積り
上記の要件で大体の当たりをつけてから、販売代理店のカスタマーサービスに相談した結果、DS218+&1TBのNAS用HDDx2本の機器構成に決定した。

ds218p_02_1024x768

先方がおススメする本体&HDD(シーゲート社のIronWolf)のセット売り価格で65,800円也。

#上司へ報告
keta:HDDはですね、NAS専用品なのでちょっと値段が高めですけど、これは仕方ないと思います。
上司:へぇ、やっぱり、専用品のほうがいいのか?
keta:そりゃまぁ、そうです。例えば、どんな良い冬タイヤを履いたって滑るときは滑りますけど、でも、だからって、家の車に安いタイヤは履かせないじゃないですか。
上司:そんなもんかい。
keta:そんなもんです。耐久性が違いますからね。
上司:この値段なら、まぁいいよ。やってくれ。

お役立ち記事:IronWolfについてのアスキーの解説

法人向けパッケージ商品につき、納品まで1ヶ月くらいかかるそうだ。
具体的な設置の話は、またそのときに。