NASについてメモ(簡易NAS編)

基礎知識(IT系)

外付けのUSB接続HDDをNASみたいに使いたい。

というリクエストが、上司その2から出された。どうやら、特定の情報を特定の数人で管理しようと思って、データ保存先として外付けUSB接続HDDを買ったものの、LAN経由で共有できないことに困っているらしい。。。

新しく導入するNASで、特別にスペースを割り当てるのではダメなのか?と聞くと、「なんかヤダ」という答えなので、USBポート付きの無線ルーターを経由してネットワーク接続環境を設定する方法に決めた。

参考)https://www.akakagemaru.info/port/nas-usb.html

簡易NAS

 

昼休みに家電量販店に出向いて、スタッフに無線LANルーターの価格帯と機能を確認したところ、「USBポートが付いていれば安いやつで十分ですよ」ということなので、5,000円弱で購入できるArcher C1200 (TP-Link製)に決めた。USB2.0だから若干遅いかもしれないけれど、1つの部屋で、数人がPCからアクセスするだけなら、まぁ足りるだろう、きっと。

Archer 1200C


機器選定をしつつ(最安値を探しつつ)、貰ってきたパンフレットを眺めていると、通信の規格、MU-MIMO、ストリーム数、セキュリティなど、あまり理解していない点があることに気づく。

上司2から質問が出た時に答えられないのは困るし、自分の興味があるところではあるので、一通り調べてみた。アイ・オー・データのサイトが、模式図が分かりやすくていいと思う。もちろんこれだけでは足りないから、追加調査は改めてするけれど、勤務時間内に業務の一環でこういう調べ物をできる状況は、いい感じだ。本来業務は総務/会計で、ITは担当外だけれども、上司にしてみれば、わざわざ情報部署の技術スタッフ(愛想がない)に依頼を出すよりは、お手軽感があるようだ。

要確認事項:この外付けHDDのバックアップについて、上司2はどう考えているのだろうか?