進捗(11/26~12/2)アウトラインエディタを使ったクレームの分析

翻訳作業の方法論

遠縁に不幸があり、月曜日まで家を空けることになったので、いまのうちに更新。また、飛行機で、特許テキストを読むつもりだ。


クレームを訳すときの困りごと

英文のクレームを訳すとき、標準的な和式フォーマットの【特許請求の範囲】を作ることを念頭において、段落や文節を区切る作業をしている。しかし、原文(英語)のフォーマットが想定と異なり、混乱することも多い。そこで、和文の【特許請求の範囲】の基本フォーマットの確認と、アウトラインエディタを用いた作業をしてみたので、これについて報告する。

【特許請求の範囲】の標準的なフォーマット

※この項は、磯兼特許事務所が開設している特許解説ウェブサイトの記事を引用したもの。より詳細はこちらまで。

要素列挙型

発明の構成要素を並列的に列挙していく形式です。

 例えば、椅子の背もたれに血行をよくするために磁石を設けた発明があるとすると、要素列挙型で請求の範囲の一例を示すと、

「座板と、この座板を支持する足と、前記座板もしくは前記足に支持固定される背もたれと、この背もたれの前面に設けられる磁石とを有する椅子」という感じになります。

シェプソン型

はじめに従来技術を述べておいて、続いて従来技術をどうしたかを述べる形式です。「~において、~を特徴とする~」という形になります。

 上の椅子の例で考えると、

 「背もたれを有する椅子において、背もたれの前面に磁石を設けたことを特徴とする椅子」という感じになります。

 「~おいて」までを、前提部とか、プリアンブルと呼びます。他の国ではプリアンブル部分は従来技術として扱われ、後でこの部分に発明としての特徴があると解釈することはできない場合が多いのですが、日本ではこの部分も発明を構成する部分として発明としての特徴があると解釈することに問題はありません。

マーカッシュ形式

これは特許請求の範囲の形式というよりは、構成要素を記述する場合の形式という方が正確です。この形式は、主として化学の分野の発明に用いられるもので、例えば、「A,B,C,Dの物質からなる群より選ばれた一の物質」のように複数の選択肢の中から一つ以上を選択したものを構成要素とすることができます。この場合、各選択肢となる物質は類似の性質又は機能を有する必要があります。

その他 ー要素列挙要素関係説明型ー

これは、まず要素をすべて列挙しておき、その後各要素の関係を説明するものです。上記の椅子の場合なら、「座板と、足と、背もたれと、磁石とを有し、前記足は前記座板の下面に設けられ、前記背もたれは前記座板もしくは前記足に支持固定され、前記磁石は前記背もたれの前面に設けられる椅子」という感じになります。(これも「足」と「座板」は省略可能です)

(以下、略)

アウトラインエディタ

テキストベースでカード型に情報を蓄積できる「知子の情報」は確かに便利だが、請求項の構造を分析するような作業には向いていない。もうちょっと、ワード的な要素(色、強調表示、階層構造など)が欲しい。画像や表が追加できるとなお良い。でも、MS-Wordは余計なことまでやるし、OneNoteはオンラインにデフォルトで保存というところが気に入らない。。。(できれば無料で)何かないだろうか?

などと考えてウェブ上を検索したところ、NanaTerryを見つけた。ダウンロードしてインストールしてみると、Windows10 64bit上で、問題なく稼働している。早速使ってみたところ、すごく便利だった。ブログのネタ帳としても大活躍。

窓の杜のキャプチャ

 

クレーム1をNataTerryで分析

番号:US20130044112A1

題名: APPARATUS AND METHOD FOR PROVIDING FREQUENCY DOMAIN DISPLAY WITH VISUAL INDICATION OF FFT WINDOW SHAPE

スペクトラムアナライザの明細書である。時間軸の表示窓と、周波数軸の表示窓の2種類を備えている。この出願では、アブストラクトと、第1クレームが同じなので、アブストラクトを【特許請求の範囲】に沿うように訳すことになる。”claims”全体を再構成する必要があるのかもしれないが、そこまでの力量はまだまだないので、素直に訳すことを考える。

原文

アブストラクト

A test and measurement instrument includes a display having a time domain graticule and a frequency domain graticule. A processor is configured to process an input signal to generate a time domain waveform for display in the time domain graticule, the input signal being correlated to a time base. The processor is also configured to process a second input signal and generate a frequency domain waveform for display in the frequency domain graticule, the second input signal being correlated to the same time base. The frequency domain waveform is correlated to a selected time period of the time base. The processor is also configured to generate a spectrum time indicator configured to graphically illustrate a transform parameter, a location and the selected time period in the time domain graticule with respect to the frequency domain waveform.

クレーム1

1. A test and measurement instrument, comprising:
a display having a time domain graticule and a frequency domain graticule;
a processor configured to process an input signal to generate a time domain waveform for display in the time domain graticule, the input signal being correlated to a time base, the processor being configured to process a second input signal and generate a frequency domain waveform for display in the frequency domain graticule, the second input signal being correlated to the time base, the frequency domain waveform being correlated to a selected time period of the time base;
the processor being configured to generate a spectrum time indicator configured to graphically illustrate a transform parameter, a location and the selected time period in the time domain graticule with respect to the frequency domain waveform.

クレーム1の分析

  1. 視覚的に構造を把握するために、適当に(雑に、という意味ではない)文節を区切り、キーワードを色分けした。
  2. “A test and measurement instrument, comprising:”以下の構成要素の区切りであるセミコロン「;」を赤字にした。
  3. とりあえず、そのまま訳を書いてみた。

US20130044112A1のクレーム1をNanaTerryで分析(1)

NataTerryで作業をするとキーワード間の関係が見やすくていいな、と思う。ただ、以下の下訳をそのままくっつけてもまったく請求項にならないので、どうにかしなくてはならない。

下訳

【請求項1】
試験計測装置であって、前記試験計測装置が、
時間ドメインの方眼目盛および周波数領域の方眼目盛を有するディスプレイと、
1つの入力信号を処理して、前記時間ドメインの方眼目盛に表示するための時間ドメインの波形を生成するように構成されたプロセッサであって、

前記入力信号が、時間軸と関連し、

前記プロセッサが第2の入力信号を処理して、前記周波数ドメインの方眼目盛に表示するための周波数ドメインの波形を波形を生成するように構成され、
前記第2の入力信号が前記時間軸と関連し、
前記周波数ドメインの波形が、前記時間軸の選択された区間に関連し、

前記プロセッサにとって生成されるように構成されたスペクトル時間インジケータが、
各周波数ドメイン波形について、
前記時間ドメインの方眼メモリ上に、
変換パラメータと、位置および、前記選択された区間を視覚的に表示するように構成される

いろいろ悩んだ結果、上記のフォーマットのうち、要素列挙要素関係説明型を採用してみた。こんな感じでは、どうだろうか?


【請求項1】
ディスプレイとプロセッサを備える試験計測装置であって、
前記ディスプレイが、時間ドメインの方眼目盛および周波数領域の方眼目盛を有するディスプレイであり、
前記プロセッサが、時間軸と関連する1つの入力信号を処理して、前記時間ドメインの方眼目盛に表示するための時間ドメインの波形を生成するように構成され、前記時間軸と関連する第2の入力信号を処理して、前記周波数ドメインの方眼目盛に表示するための、前記時間軸の選択された区間に関連する周波数ドメインの波形を生成するように構成され、さらに、前記プロセッサから生成されるスペクトル時間インジケータが、各周波数ドメイン波形について前記時間ドメインの方眼メモリ上に、変換パラメータと、位置および、前記選択された区間、とを視覚的に表示する構成である、プロセッサである、
試験計測装置。