失敗メモ(1)

P&G特許に関する投稿記事に対して、ビデオ2184号を通じて講評を頂いた。

自作の訳文だけでなく、特許明細書として公表されている対訳のほうも滅多切りである。。。

ふぅ、やってる内容を早めに外出しして良かった。軌道修正をしなくては。

直近の2か月間、休み休みではあったけれど、『橋元の物理』、有機化学の基礎や、シリコーンエマルションに関係するノート作りに精を出してきた。今回、その作業にちょっと飽きた&この特許用に作った用語集も200単語を超えた、ということで、そろそろ、明細書を・・・と思って挑戦してみたけれど、失敗である。そもそも大事なところが抜けていた。

この特許明細書(着色剤含有内相を含むシリコーンエラストマーエマルジョン化粧品組成物)のバックグラウンドとなる技術分野に特化した知識を、あまり積極的に集めていなかった。ここが浅いから、せっかく勉強した(はずの)物理や化学の知識を立体的に活かせない。そして、文脈を掴めないうちに、無理に訳出しようとするから、道理の通らない日本語になる。

    【指摘メモ】

  1. 出典を書いていない
    → 自分のノート(紙媒体)上では、[0002]で特許明細書との照合が取れるようにしていたが、そんなことは、ブログでは伝わらない。そもそも、ブログを見てくれた人が出典を辿れないのだから、結局、何もやっていないに等しい。今後、要注意。
  2. “these materials”を「これらの物質」と訳出してよいか?この文をだけ抜き出すのであれば、前文の「colornat materials」を持ってきた方がよい。
  3. 翻訳の泉を印刷・電子データ化したか?
    →していなかった。どこのビデオを紹介されていたか思い出せないorまだ視聴していない。でも、とにかく電子データ化・印刷&ノートにしろ、ということなので、やる。A4用紙が尽きたので、印刷の一部は明日に回す。
  4. (対訳)時系列で訳出されていない
    →指摘を受けて読み返してみると、確かにその通りだ。少なくとも、時系列を読み取りにくい訳出ではある。そして、この訳出よりも問題な点は、私がこの訳出に疑問を持たず、そのままTaradosに登録していることだ。

・・・他にも色々とご指摘を受けたが、ここに書くのは割愛。


 

>管理人様

最後になりましたが、お忙しいところ、ありがとうございました。

軌道修正をして頑張ります。

 

 

蔵書リスト(1)

以前CVを提出した際の頂いたコメント中に、『蔵書類は別ファイルでリスト化する』という指摘があった。

ウチには本が多い。とても多い。

学生時代に買った&もらったモノ(参考書は買う派だった)、夫のモノ、なぜかあるるモノ・・・学術・お勉強系だけで100くらいはありそうだ。

でも、とりあえず、リスト化を始めた。この作業なら、年末年始の準備の片手間でもできそうだ。年末年始の主婦って忙しい。。。

書棚の右上から開始!

 

 

as well as

いくつかの動画で再三言及されていることに、脳は差しか認識しない、がある。

ワードで4カラムのテーブルを作って(項番号、英文、自作の訳、特許明細書の和文)並べてみると、自分の思い込みや訳の拙さがよくわかる(↓ノートの一部)。

 

  • 黄色マーカー:対訳の和文に疑問なし
  • 赤マーカー:疑問あり

なお、対訳自体はTradosに、用語はTermBaseに登録している。

【メモ】

as well asは、⋂だと思っていたのだけれど、文脈によっては、⋃にもなるのだろうか?愛用しているiPhoneアプリの英英辞典『Collins Dictionary+Thesaurus』で確認すると、

 


as well as 

including, along with, in addition to, not to mention, at the same time, over and above

→food and other goods, as well as energy supplies such as gas and oil


となっていた。あれ、やっぱり⋂じゃないか。

 

 

特許について(様式)

思うように時間が取れないながらも、印刷したP&G特許(日英)を眺めたり、特許庁のウェブサイトを探検していた、約2週間前の行動に関するメモ。

そもそも特許って何?明細書ってどう書くのよ。という疑問に応えてくれる、工業所有権情報・研修館のサイト。

https://faq.inpit.go.jp/industrial/faq/type.html

【メモ】

特許明細書を漫然と読んでいると眠たくなるが、様式に則って、文書構成を意識しながら取組むと、かなり読み易くなる(リンク先は通常出願の様式)。

 

 

再スタート

オンライン特許翻訳の受講を開始してから早2ヶ月が経過した。

・・・しかし、受講を開始して2週間ほどでCVの提出こそしたものの、予想外のイベント(中古マンションの購入+引越し)のために、最低限の勉強しかできなかった(泣)。

でも、今日から仕切りなおし。ブログだって作ったしね。

さぁ、はじめよう。

【メモ】

・Xserverのキャンペーン(新規サーバーの契約or移設で、ずっと無料のドメインをプレゼントするもの、申請期限:2018年3月30日(金)18:00まで)を利用して、ドメインを取得した。

・デフォルトのブログのアドレスは”http://ketanotes.com/wp”だったが、ブログしか作らないので、末尾のwpが邪魔だった。以下のサイトを参考にして、URLを”http://ketanotes.com”に変更した。

「URLの/wpを消したい!」ワードプレスの表示URLだけ変える方法