化粧品について

本格的に講座に取組み始めて、そろそろ1ヶ月。順調とは決して言えないけれど、制限された時間の中でやっているにしては、まぁ頑張っていると思う。とりあえず、毎朝3時に目覚まし無しで目が覚めるようになった。今後の課題は、どうやってもっと時間を作るかだ。あー、2時に起きれないかな。

さて、乳化や分散、高分子など基本的な部分を勉強したことで、P&G特許(特表2005-507913)の内容を徐々に理解できるようになってきたが、まだバインダや色材、保湿・光沢成分のついての理解が浅いからここを深掘りしなくてはいけない。

でも、上記の不足を埋める等この特許明細書を潰したと仮定して、他の特許明細書を読み込む際に、これがどれだけのレバレッジとなるだろうか?つまり、ほかの化粧品関係の特許明細書をどのくらい読めるようになるのだろうか?

そもそも『化粧品』とは何だろう。

化粧品について

独立行政法人製品評価技術基板機構のウェブサイトで、化粧品の分類とその構成成分について調べた。

化粧品(薬事法)
人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚もしくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう

意外なことに、シャンプーや全身洗浄料も化粧品らしい。ということは、CVで得意分野に『化粧品』と書いたら、翻訳会社はどのように解釈するのだろう。そこに『シャンプー』は含まれて『美白○○ファンデーション』は含まれないのだろうか?うーん、CVを書く時には、特許分類上の基準と併せて確認しよう。

また、化粧品の構成成分は大別して4種類(1.化粧品のベースを構成するのに必要な基剤原料、2.生理活性や効果・機能を訴求するための薬剤原料、3.製品の品質を保つのに必要な品質保持原料、4.色や香りに関連する官能的特徴付与原料)ある。今回の特許明細書は、『着色剤含有内相を含むシリコーンエラストマーエマルジョン化粧品組成物』だから、1の基剤原料に係るものだろう。


化粧品の定義と分類が判明してスッキリしたので、つぎに、特許庁DBで、関連する日本語の明細書を調べた(英語が原文の明細書は、誤訳があるかどうかを悩まなくてはいけなくなるので、今回は除外した)。”シリコーンエラストマー”、”化粧品”等の単語で検索すると数百件がヒットしたので、比較的短いものを3つ選んで、まず1つ目を読んでみると、今回取組んでいる特許明細書の対訳を読み始めた頃と比較して理解度が上がっているのがわかる。調べなくてはいけない用語や背景知識は沢山あるが、消灯した暗い部屋でメガネを探すか、常夜灯がある中でメガネを探すか、くらい違うと思う(ちなみに、私はメガネっ子)。うん、レバレッジだ。

【その他メモ】

・1113(誤訳の研究)、1114(誤訳防止のためのロジカルシンキング)を視聴した

 

 

請求項の図解に挑戦②

昨日に続き、P&G特許(特表2005-507913)請求項の図解についてメモ。

  • 進捗:全部の請求項について図解したので、とりあえず修了。

反省点

  • ツール:ただ慣れているからという理由で、MS PowerPointを使ったけれど、Xmindを使った方がよかった。

理由)図に対してコメントを書き込んだり、追加の絵を挿入しづらい。1つのテーマについてプレゼン資料を作るならPowerPointだろうが、ノートには不適だった。PowerPointが有利な場面を考えてみると『ワタシ、化粧品用の高分子化合物について詳しいんですよ。同業者にレクチャーなんかもしてます。ホラ、ここのURLにサンプルの講義用ファイル(ppt)を置いてますから。化粧品関係の特許明細書についてお仕事が入ったら、ぜひお声がけください。』みたいなかんじ(妄想)。

課題

請求項【0005】を図解する際、特許明細書後方の乳化剤の項を参照したが、その構造がイメージできない化合物名が多かった。構造を個別に書けるようになる必要はないと思うが、たとえばアルコキシル化化合物や、ラウリン硫酸ナトリウムのような、よく目にする化合物の組成や結合がわからないようではダメだろう。

==> 要復習

5. The cosmetic composition of claim 1 wherein the emulsifier is selected from the group consisting of polyoxyalkylene copolymers, emulsifying crosslinked siloxane elastomers, and combinations thereof.

【メモ】

  • 特許明細書後方のEmulsifiers/乳化剤の項の2段落目/【0046】について

原文)
A particularly preferred polyoxyalkylene copolymer is known by its CTFA designation as dimethicones copolyol.

の赤字部分の対訳が『ジメチコーンコポリオール』となっていたが、ダウ・コーニングのカタログ『パーソナルケアシリコーン』等で表記を確認したところ『ジメチコンコポリオール』のほうが一般的だとういうことがわかった。

  • 『性』『系』『型』の使い分けについて

対訳では『非イオン性』乳化剤、『陽イオン性』乳化剤等、『性』という訳語を当てているが、先日勉強した分散基礎講座では、『性』の代わりに『型』や『系』を使っている記事が複数あった。どれが正しいのか、どれでもいいのか、それとも場面によって使い分けるのかについて、知っておいた方がよさそうだ。他の文献を見るときに、ちょっと意識しよう。

 

請求項の図解に挑戦①(修正済)

昨日頂いたコメントを受けて、P&G特許(特表2005-507913)のWhat is claimedを図解を始めた。3時間の作業で、進捗は5割。。。意外と時間がかかる。頭の中でイメージしたり、走り書きしたりするだけなら早いけれど、後々の利用を考えて体裁を整えようとすると、そうはいかない。まぁ難しい作業ではないし、嫌いでもない。むしろ楽しい。

作成部の抜粋:請求項1


1. A cosmetic composition comprising an oil-in-water
emulsion that further comprises:

a) a continuous aqueous phase comprising:
1) from about 0.1% to about 10%, by weight of the composition, of a non- emulsifying crosslinked siloxane elastomer Swelled in a non-polar solvent;

b) a dispersed oil phase comprising:
1) from about 1% to about 25%, by weight of the composition, of an oil compatible colorant; and

2) from about 0.01% to about 20%, by weight of the composition, of a binder, and

c) from about 0.01% to about 15%, by weight of the composition, of an emulsifier.


 

    • 各物質の大きさとか形状は、今のところ、テキトー。
    • 対訳では、請求項の冒頭が『エマルジョンの形態の化粧品組成物であって、前記組成物が、』となっていることを発見した。つまり、原文のoil-in-waterが抜けている。

【図解の利用方法(案)】

  1. 図だけをA4で2ページくらいにまとめて、その特許明細書についてのメモ(A4ペラ1くらい)と併せてステープル。これを勉強した特許明細書毎に作成してファイリングし、類似の明細書に取り組むときの資産とする。
  2. 1の一部をPDF化して、CVと一緒に送り付ける。あるいは、ウェブサイトに載せておいて、CVの中にURLを書いておく。アピールと差別化はできるんじゃないかな。

・・・とりあえず、今日中に図解を完成させよう。

追記)2枚目の図に誤りがあったので差し替えました(2018/01/20 08:53)

phase(追記)

昨日の記事で『基剤』についての調査結果を書いたけれど、調べ方が甘かった。。反省。

化粧品関係のウェブサイトでは


基剤
医薬品や化粧品の原料のうち、その製品に形を与えるために主に使われる成分のこと。賦型剤(ふけいざい)とも呼ばれる。軟こうやバームのワセリン、錠剤やファンデーションのタルク、座薬のカカオバターなどがよく知られる。

医薬品や化粧品に配合される有効成分や色材などの量はとても少なく、そのような成分だけで製品を作るのは難しい。そのため、基剤を混ぜて製造時・使用時ともに扱いやすいボリュームに調整する。そのほか、配合された有効成分が体に吸収されやすいようにする、トラブルが起きている皮膚を保護したり冷やしたりするなどの役目も兼ねることがある。


となっていた。だから、化粧品関係で『基剤』という用語がでてきても、一概に間違いとは言えない可能性がある。つぎに、『基剤』の英訳がどうなっているかを他の化粧品関係の特許明細書を検索して調べると、これは”base material”あるいは”base(名詞)”が多い。

以上を踏まえて、問題の英文-対訳文を再確認する。

原文)
As used herein, the oil phase may include hydrocarbon oil based phases as well as silicone oil based phases.

対訳)
本発明で使用する場合、油相には、炭化水素油基剤の相とシリコーン油基剤の相を含んでもよい。

うーん、やっぱり『基剤の相』という訳はないな。基剤の『剤』に相当する部分が英語にないし、そもそも”based”は”phase”を修飾している。昨日頂いたコメントにあるように『~主体の相』とするのがよさそうだ。

【メモ】

  • 複数からなる溶媒について

複数種の組成物からなる溶媒について調べたところ、用語としては『共溶媒』『共晶溶媒』『混合溶媒』などがあることが分かった。今回の場合、炭化水素油とシリコーン油が混ざっているだけだろうから、『混合溶媒』のカテゴリだろう。

いろいろ検索していると、日本油化学会の機関紙『オレオサイエンス』で過去に掲載されていた入門講座シリーズを見つかった。各回の記事分量は短めで、油脂に関する内容が平易に説明されている。とりあえず、全回分をダウンロードした。

・・・勉強の素材ばかりが増えていく。やらなくちゃ。

phase

P&G特許(特表2005-507913)のDETAILED DESCRIPTION OF THE
INVENTIONのEmulsionの段落の最終センテンスについて

  • 原文

As used herein, the oil phase may include hydrocarbon oil based
phases
as well as silicone oil based phases.


  • 対訳【0010】

本発明で使用する場合、油相には、炭化水素油基剤の相とシリコーン油基剤の相を含んでもよい


”based phases”の訳が”基剤の相”になっていることに引っ掛かった。まず、基剤の意味をインターネットで確認すると下記のようであり、この文の訳にそぐわないと思う。

  • 基剤:軟膏(なんこう)剤や座剤などの製造に際して使われる賦形(ふけい)剤。
  • 賦形剤:錠剤、散剤(粉薬)、顆粒剤などの固形製剤に、成型、増量、希釈を目的に加えられる添加剤。

つぎに、本明細書の後方(1. Non-Polar, Volatile Oilsの節、対訳では【0030】の項)で、上記の一文が意図している内容を確認すると『(前略)本発明で特に有用な非極性で揮発性の油は、シリコーン油、炭化水素、及びこれらの組み合わせから成る群より選択される。』という記述があった。

仮結論)上記の訳は、『油相には、炭化水素油系の相とシリコーン油系の相を含んでもよい』くらいでどうだろう?これで、pahsesが複数形になっている部分は、拾えているだろうか?

また、油相に複数の相が含まれているイメージとは、下図のAでいいだろうか?つまり、小さな油の粒が混在しているイメージだ。この場合のphaseは、どういうイメージをもてばいいのだろう。Bのように2種類の油を組成物して新しい組成物ができるのもおかしい気がする。夜にでも、画像検索をかけてみよう。今朝は時間切れ。

青:油その1 黄:油その2 緑:油その1と油その2の化合物をあらわす

なお、絵を描くときに、油が混在するときの個々の形状が不定形or球状かで迷ったが、互いに油で親和性があるから不定形でいいと思った。

 

失敗メモ(3)

ビデオ2199号で、訳語決定に関する記事についてご指摘を頂いた。指摘の鋭さに若干めげつつも、気を取り直して、過去の自分に反省を、未来の自分に反映を。

今回の失敗点

  1. 文脈・業界の背景知識を軽視したこと
  2. 辞書に頼りすぎたこと
  3. ノートの内容を活かせてないこと
  4. 日本語と英語の双方から攻める、という発想がなかったこと

訳語の決定に悩んだときに、『あー、アレだな』と思いつけるような勉強の方法をしなくてはいけない。そもそも、インプットが不足している。もっと資料の量を読まなくてはいけない。

昨夜~今朝の作業


このビデオを2回視聴(昨夜) ==> 指摘事項を整理・咀嚼 (睡眠)==> もう1回視聴・ノートの見直し(午前4時~)


【雑感】

アレルギー反応(かゆみ、吐き気等)が出やすいため、滅多にメークをしない私が、1本目にこの特許を選んだのは失敗だったかもしれない。ファンデーションの使用イメージが湧かない。せめて化粧水系の基礎化粧品ならよかったかもしれないが。。。

 

訳語決定について悩む

P&G特許(特表2005-507913)の”Solvent for the Non-Emulsifying Crosslinked Siloxane Elastomer“の節の上から3段落目の話(ビデオ149号)。そんなに難しいことを言っている段落ではないが、細かな点がいくつか引っかかった。


The solvent for the cross-linked siloxane elastomer comprises one or more liquid carriers suitable for topical application to human skin. These liquid carriers may be (中略), provided that the liquid carrier forms a solution or other homogenous liquid or liquid dispersion with the selected cross-linked siloxane elastomer(中略).Solubility parameters for the liquid carriers or other materials, and means for determining such parameters, are well known in the chemical arts.(後略)


  1.  liquid carrierの訳語について

上に抜き出した範囲に4つの”liquid carrier”があるが、対訳(【0028】)では

赤字:液状キャリア

青字:液体キャリア

となっている。”liquid carrier”の意味するところは、『有効成分、薬効成分を患部に届けるものであって、その形態がliquidである』だろうが、『液体』と『液状』では、訳語としてどちらが適切なのだろう?

失敗メモ(2)を確認しつつ、可能性を1つずつ消していく。


  1. 原文の英語が間違っているのか:No
  2. 訳語が異なっているのか:Yes!
  3. 原文が同じスペルであって多義的であって、訳語が異なっているか:No
  4. 原文が同じスペルであって多義的であって、訳語が異なっていることが誤りであって、本来統一すべきなのか: Yes!

だと思う。理化学辞典やGoogle検索では確証が得られないので、特許庁のDBで『液状キャリア』、『液体キャリア』の双方で検索をかけてみる。出てきた明細書の分野に、あまり差はなかった。『液体キャリア』の方に、画像現像系の特許が占める割合が多い気がするが、化学系が無いわけでもない。

液状キャリア:48件

液体キャリア:713件

ついでに、日本語としての違いも確認する(岩波国語辞典第4版。古いが、古語が載っている最後の版で、父の俳句趣味に付き合うときに便利な辞書。そのうち、logoVistaで最新版を買いたい。)。


1.イ)すがた。かたち。外面に見える様子。ありさま。「状態、形状、奇状」ロ)形や性質を表す語「形状、連鎖状、にかわ状」(後略)
液体
物質の集合状態の1つ。ほぼ一定の体積はあるが、固有の形はない。沸点になると期待になり、凝固点になると固体になる。(後略)

んー、特許明細書的には『液体』だが、語義的には『液状』だろうか?解決したとは言い難いが、とりあえずペンディングにして、先を読む。

2.次に気になったのが、緑字の部分である。

a solution or other homogenous liquid or liquid dispersion

(対訳:溶液又は他の均質な液体又は液体分散液)

疑問1:溶液以外の均質な液体とはなんだろう? solution(=真溶液)、other homogenous liquid(コロイド溶液等を含む真溶液の範囲に含まれない溶液)だろうか。

疑問2:『液体分散液』の最後の『液』は原文にないが、これはどうしたことか?意味的には、液-液分散の溶媒の方を指すと考えればよい気がするが、訳語としてはどうするのが正解だろうか?分散液に該当する語は”liquid dispersion”ではなく、”dispersion liquid”になるはずだが。

→ 原文の英語が”dispersion liquid”の誤りである、という仮結論にして、先に進んだ。

今日はとても沢山書いて疲れてきたので、以下、その他の今朝までの進捗を箇条書きにする。

  • 溶解度パラメータ(SP)について調査
  • 分散基礎講座』という10回シリーズの素敵な資料を見つけてダウンロードした。全部揃えるのに、ちょっと苦労した。
  • 特許明細書を読み進めた(ビデオでいうと、158号まで)
  • この特許明細書の対訳全体を通して、『非揮発性』ではなく、『不揮発性』じゃないかと思う。

今日は子供の4歳の誕生日ということもあって、水族館にお出かけをする予定。あんまり勉強できそうにないな。。。

失敗メモ(2)

ビデオ2190号で、訳語決定のプロセスに関する記事についてご指摘を頂いた。

抜けていたこと:訳語の正誤を考える前に、該当する単語について、その意味(=実際の事象との関連性)を考える作業。

誤訳かな?と思ったら、多面的に考える。安易に結論付けをしない。


  1. 原文の英語が間違っているのか
  2. 訳語が異なっているのか
  3. 原文が同じスペルであって多義的であって、訳語が異なっているか
  4. 原文が同じスペルであって多義的であって、訳語が異なっていることが誤りであって、本来統一すべきなのか

単語の背景にある事象についての調査を、面倒臭いと思ってはいけない。特許明細書(原文・訳文)の記述を、上滑りして読んではいけない。

うーん、難しいな。まぁ、やるしかないけど。

【雑感】

今から十数年前、大学の指導教官に、この講座と似た勉強方法(論文を読みなさい、知識の幅を広げなさい)を、しつこく指導されたのを思い出した。非常に個性的な言動で、学内外の評判もあまり芳しくなかったが、指導者としては正しいことをいっていたのだろう。『大学の卒業研究&修士論文なんて、練習問題だと思いなさい。課題を立てて、調査方法を検討して、調査して、文章にまとめる。ぜんぶ、どこかで使うから。』というのも、間違ってはいない。

K教授の学部生指導方法

研究室に配属された学生に与えるもの:一篇の英語論文&リファレンスの見方・探し方、日本語の参考書籍数冊、『まぁやってみなさいよ。とりあえず、その論文を読んで理解しなさい。他の先生に質問に行くならおいで。紹介のメールは書いてあげるから。あと、月に一度、報告会やるからね。』のお言葉。

→ 私の場合、最寄りの商店まで数十キロというド田舎の研究所に、托卵に出された。

 

 

ポリシロキサン

今日から朝型にシフトしてみた。23時就寝、4時起床。よって、ブログの更新も基本は早朝にした。

『オルガノポリシロキサン』を調べるの巻 後編

信越シリコーンのウェブサイトで、シリコーンオイルの分類について勉強した。

対象としているP&G特許(特表2005-507913)で題材になっているのは、”オルガノ(=有機の)”ポリシロキサンだから、有機基が付いた変性シリコーンオイルの方だろう。

 



側鎖型のバリエーションが一番多いのは、なぜだろう。すぐに思いつく理由は以下の2つだが、それだけでいいだろうか?

  1. 商品として需要がある
  2. (技術的に)製造が容易だ

まぁ、架橋させてエラストマーにする際に、有機基の部分が関係すると単純に考えれば、架橋のポイントが一番多い側鎖型が、ベストな気はするけれど。

【その他のメモ】

【0011】と【0018】で、additionの訳語が異なっている

  • 【0011】addition reaction -curing:付加反応硬化型
  • 【0018】addition-curable:追加硬化型

追加硬化のほうはGoogle検索しても引っ掛からないから、付加のほうが訳語として適切だと思う。

 

さて、今日から仕事だ。たしか、上司は今週末まで正月休みだ。きっとヒマだろうから、スキマ時間で官能基の暗記をしよう!

がんばろー。

 

organoから始まり・・・

ただいま、午前3時半。久しぶりの夜更かし中。

日中は家族サービス(夫+三歳児)のため、ほとんどできなかったので、その埋合せである(街中の展望室より)。

【今日の成果について】

今日は、辞書とネットをフル活用して、調査とノート作成をした。

発端は、『オルガノポリシロキサンのオルガノって、そもそもなんだったっけ?以前ネット検索したときには、”有機の”みたいな説明を見つけて、その時はそれで納得していたが、”有機の”ポリシロキサンがあるならば、”無機の”ポリシロキサンなんてのもあるんだろうか。』という疑問だった。さっそく理化学辞典でオルガノを引いたところ、

オルガノゾル
→ゾル

とだけ記載されていた。ここでゾルが出てくるとは想定していなかったので、やや戸惑いつつも、今度は”ゾル”を引いたところ

ゾル(sol)
液体を分散媒とするコロイドをいう。コロイド溶液の名もある。分散媒が水ならヒドロゾル、有機溶媒ならオルガノゾルという。広義には、分散媒が気体であるエーロゾルも含める。ゾルの粒子は荷電してコロイドイオンになっている場合が多く、その電荷がゾルの安定性に大きく影響している(たとえば電荷がある程度以下になると凝結を起こす)。ゾルの生成法には分散法と凝結法がある。またゾルは条件によってゲルになる。

とのこと。オルガノゾルの対義語としてヒドロゾル(無機じゃなかった、水だった!)があることが判明してナットクすると同時に、”分散法”、”凝結法”についても調べ始め、その後は芋づる式に、分からない用語を調査し続けた正月の二日である。

以下、項目一覧

  • ゾル
  • ゲル
  • 分散法
  • 電気的分散法
  • 機械的分散法
  • ペプチゼーション
  • 凝縮法
  • 凝縮力
  • 凝析(DLVO理論)
  • 凝集
  • 塩析
  • 分散力
  • 電気二重層
  • 永久双極子
  • 双極子モーメント
  • パウリの排他的原理

こうして書き出してみると、かかった時間(約7時間)の割には、あまり進んでいない印象だが、分散(コロイド)について知識の整理ができて良かったと思う。有益なウェブサイトをいくつか見つけることもできた。(アイメックス社)

断片的な知識が一つの系に成っていく過程は、いつだって楽しい。

さぁ、子供が起きてくるまで、あと3時間。

少し寝よう。