訳語決定について悩む

P&G特許(特表2005-507913)の”Solvent for the Non-Emulsifying Crosslinked Siloxane Elastomer“の節の上から3段落目の話(ビデオ149号)。そんなに難しいことを言っている段落ではないが、細かな点がいくつか引っかかった。


The solvent for the cross-linked siloxane elastomer comprises one or more liquid carriers suitable for topical application to human skin. These liquid carriers may be (中略), provided that the liquid carrier forms a solution or other homogenous liquid or liquid dispersion with the selected cross-linked siloxane elastomer(中略).Solubility parameters for the liquid carriers or other materials, and means for determining such parameters, are well known in the chemical arts.(後略)


  1.  liquid carrierの訳語について

上に抜き出した範囲に4つの”liquid carrier”があるが、対訳(【0028】)では

赤字:液状キャリア

青字:液体キャリア

となっている。”liquid carrier”の意味するところは、『有効成分、薬効成分を患部に届けるものであって、その形態がliquidである』だろうが、『液体』と『液状』では、訳語としてどちらが適切なのだろう?

失敗メモ(2)を確認しつつ、可能性を1つずつ消していく。


  1. 原文の英語が間違っているのか:No
  2. 訳語が異なっているのか:Yes!
  3. 原文が同じスペルであって多義的であって、訳語が異なっているか:No
  4. 原文が同じスペルであって多義的であって、訳語が異なっていることが誤りであって、本来統一すべきなのか: Yes!

だと思う。理化学辞典やGoogle検索では確証が得られないので、特許庁のDBで『液状キャリア』、『液体キャリア』の双方で検索をかけてみる。出てきた明細書の分野に、あまり差はなかった。『液体キャリア』の方に、画像現像系の特許が占める割合が多い気がするが、化学系が無いわけでもない。

液状キャリア:48件

液体キャリア:713件

ついでに、日本語としての違いも確認する(岩波国語辞典第4版。古いが、古語が載っている最後の版で、父の俳句趣味に付き合うときに便利な辞書。そのうち、logoVistaで最新版を買いたい。)。


1.イ)すがた。かたち。外面に見える様子。ありさま。「状態、形状、奇状」ロ)形や性質を表す語「形状、連鎖状、にかわ状」(後略)
液体
物質の集合状態の1つ。ほぼ一定の体積はあるが、固有の形はない。沸点になると期待になり、凝固点になると固体になる。(後略)

んー、特許明細書的には『液体』だが、語義的には『液状』だろうか?解決したとは言い難いが、とりあえずペンディングにして、先を読む。

2.次に気になったのが、緑字の部分である。

a solution or other homogenous liquid or liquid dispersion

(対訳:溶液又は他の均質な液体又は液体分散液)

疑問1:溶液以外の均質な液体とはなんだろう? solution(=真溶液)、other homogenous liquid(コロイド溶液等を含む真溶液の範囲に含まれない溶液)だろうか。

疑問2:『液体分散液』の最後の『液』は原文にないが、これはどうしたことか?意味的には、液-液分散の溶媒の方を指すと考えればよい気がするが、訳語としてはどうするのが正解だろうか?分散液に該当する語は”liquid dispersion”ではなく、”dispersion liquid”になるはずだが。

→ 原文の英語が”dispersion liquid”の誤りである、という仮結論にして、先に進んだ。

今日はとても沢山書いて疲れてきたので、以下、その他の今朝までの進捗を箇条書きにする。

  • 溶解度パラメータ(SP)について調査
  • 分散基礎講座』という10回シリーズの素敵な資料を見つけてダウンロードした。全部揃えるのに、ちょっと苦労した。
  • 特許明細書を読み進めた(ビデオでいうと、158号まで)
  • この特許明細書の対訳全体を通して、『非揮発性』ではなく、『不揮発性』じゃないかと思う。

今日は子供の4歳の誕生日ということもあって、水族館にお出かけをする予定。あんまり勉強できそうにないな。。。

インターフェースデザイン

特許の勉強の方(担体溶液について)は、ちょっと区切りがつきそうにないので、別方面の日報を。

昨日、管理人さんのブログでウェブデザイン講座?のご案内があった。

…面白そうだな、でも今は、特許翻訳講座で手一杯だなぁ。そもそも、その講座費用があれば辞書を買えるな。。。illustratorも持ってないしな。。。

と思いつつも、デザインをツールとして使う重要性について、ノートにメモ。併せて、書棚にあった『インタフェースデザインの心理学』を久しぶりに読む。

日頃の業務で実施する、フォーラム開催のポスター作成(イラストレーターで自作or業者への校正指示)やウェブサイトの更新、幹部のプレゼン資料の準備の際に、参考にするために買った本である。

改めて読み返すと、具体例が多くて良い本だと思う。このブログのデザインも、もう少し、どうにかしなくては。サーバを借りてから立ち上げまで、数時間しか掛けていない。

おもな内訳

  • コンビニで料金の払い込み:30分
  • ブログのタイトルを決める:15分
  • 使うテーマを決める:30分
  • トップの黄色い鳥を描いて、背景のいい感じの場所に配置する:1時間
  • 1個目の記事を書く:30分

トップの雪ダルマが似合わない季節になったら、取り掛かろう。

 

 

抽出

原文/訳文と、その文が意図している実際の操作・事象とを、関連付けて考えるには、実際の操作・事象について具体的なイメージを持ってたほうがいいだろう。そうしないと、誤った記述に対して、違和感を持ちにくい。

…という理由から、前々から気になっていた抽出について調べることにした。

翻訳の泉の第2回の例文1


(反応混合物を)水6 l中に注ぎ、250mlのヘキサンで2回抽出した


の抽出操作がよくわからない。

抽出(extraction)
物質移動操作/拡散操作(混合物の一成分を一つの相から他の相へと物質の移動に基づいて分離する操作)の1つ。抽出は溶解度の差異による分離であるが、液-液抽出では2相の密度差も重要であって、密度差がなければ、相平衡が成立したのち、2相を機械的に分けることができない。(化学工学概論,丸善株式会社)

上記の例文の場合は、液-液抽出であって、『2回抽出した』のだから、単抽出ではなく多回抽出に該当する。

多回抽出
1回だけの抽出で分離が不十分なときに、抽残液に溶媒を加えて抽出を行ったあとで抽出液と抽残液に分ける。この操作を逐次繰り返す操作が多回抽出であって、抽残液中の溶質濃度が希望する値以下になるまで繰り返される。(化学工学概論,丸善株式会社)

また、ヘキサンが溶媒、反応混合物入りの水6Lが試料だろう。

〇有機化合物の分離の原理について復習(http://www.geocities.jp/don_guri131/yukibutunobunnri.html

多くの有機化合物は水に溶けにくく、有機溶媒に溶けやすい。そこで、有機化合物をエーテルやヘキサンなどの有機溶媒に溶かしておく。そこへ、酸、塩基の水溶液順次加え振り混ると、特定の成分だけが中和され、塩の形となり、有機溶媒層から水層へと転溶する(塩は有機溶媒に溶けず、水によく溶ける)ので、分離が可能となる。このように特定の成分だけを分離する方法を抽出という。抽出には分液漏斗という器具が使われる。

(総合化学図説, 第一学習社)

〇ヘキサン抽出物試験についてメモ

水環境研究所ウェブサイト(http://www.kc-center.co.jp/suishitsu/column/n-hexane.html


その他、環境省のウェブサイトで見つけた水質試験の作業規定資料を読んだり、一般に使用される工業用の抽出装置の概略についてもノートを作成したことで、『抽出』を少し理解できた気がする。後日、蒸留やろ過といった基本操作についてもノートを作ろう。こういうものを一式作ったら、化学工業系の特許を読むときに便利だろう。

うん、今朝は勉強した気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗メモ(2)

ビデオ2190号で、訳語決定のプロセスに関する記事についてご指摘を頂いた。

抜けていたこと:訳語の正誤を考える前に、該当する単語について、その意味(=実際の事象との関連性)を考える作業。

誤訳かな?と思ったら、多面的に考える。安易に結論付けをしない。


  1. 原文の英語が間違っているのか
  2. 訳語が異なっているのか
  3. 原文が同じスペルであって多義的であって、訳語が異なっているか
  4. 原文が同じスペルであって多義的であって、訳語が異なっていることが誤りであって、本来統一すべきなのか

単語の背景にある事象についての調査を、面倒臭いと思ってはいけない。特許明細書(原文・訳文)の記述を、上滑りして読んではいけない。

うーん、難しいな。まぁ、やるしかないけど。

【雑感】

今から十数年前、大学の指導教官に、この講座と似た勉強方法(論文を読みなさい、知識の幅を広げなさい)を、しつこく指導されたのを思い出した。非常に個性的な言動で、学内外の評判もあまり芳しくなかったが、指導者としては正しいことをいっていたのだろう。『大学の卒業研究&修士論文なんて、練習問題だと思いなさい。課題を立てて、調査方法を検討して、調査して、文章にまとめる。ぜんぶ、どこかで使うから。』というのも、間違ってはいない。

K教授の学部生指導方法

研究室に配属された学生に与えるもの:一篇の英語論文&リファレンスの見方・探し方、日本語の参考書籍数冊、『まぁやってみなさいよ。とりあえず、その論文を読んで理解しなさい。他の先生に質問に行くならおいで。紹介のメールは書いてあげるから。あと、月に一度、報告会やるからね。』のお言葉。

→ 私の場合、最寄りの商店まで数十キロというド田舎の研究所に、托卵に出された。

 

 

ポリシロキサン

今日から朝型にシフトしてみた。23時就寝、4時起床。よって、ブログの更新も基本は早朝にした。

『オルガノポリシロキサン』を調べるの巻 後編

信越シリコーンのウェブサイトで、シリコーンオイルの分類について勉強した。

対象としているP&G特許(特表2005-507913)で題材になっているのは、”オルガノ(=有機の)”ポリシロキサンだから、有機基が付いた変性シリコーンオイルの方だろう。

 



側鎖型のバリエーションが一番多いのは、なぜだろう。すぐに思いつく理由は以下の2つだが、それだけでいいだろうか?

  1. 商品として需要がある
  2. (技術的に)製造が容易だ

まぁ、架橋させてエラストマーにする際に、有機基の部分が関係すると単純に考えれば、架橋のポイントが一番多い側鎖型が、ベストな気はするけれど。

【その他のメモ】

【0011】と【0018】で、additionの訳語が異なっている

  • 【0011】addition reaction -curing:付加反応硬化型
  • 【0018】addition-curable:追加硬化型

追加硬化のほうはGoogle検索しても引っ掛からないから、付加のほうが訳語として適切だと思う。

 

さて、今日から仕事だ。たしか、上司は今週末まで正月休みだ。きっとヒマだろうから、スキマ時間で官能基の暗記をしよう!

がんばろー。

 

organoから始まり・・・

ただいま、午前3時半。久しぶりの夜更かし中。

日中は家族サービス(夫+三歳児)のため、ほとんどできなかったので、その埋合せである(街中の展望室より)。

【今日の成果について】

今日は、辞書とネットをフル活用して、調査とノート作成をした。

発端は、『オルガノポリシロキサンのオルガノって、そもそもなんだったっけ?以前ネット検索したときには、”有機の”みたいな説明を見つけて、その時はそれで納得していたが、”有機の”ポリシロキサンがあるならば、”無機の”ポリシロキサンなんてのもあるんだろうか。』という疑問だった。さっそく理化学辞典でオルガノを引いたところ、

オルガノゾル
→ゾル

とだけ記載されていた。ここでゾルが出てくるとは想定していなかったので、やや戸惑いつつも、今度は”ゾル”を引いたところ

ゾル(sol)
液体を分散媒とするコロイドをいう。コロイド溶液の名もある。分散媒が水ならヒドロゾル、有機溶媒ならオルガノゾルという。広義には、分散媒が気体であるエーロゾルも含める。ゾルの粒子は荷電してコロイドイオンになっている場合が多く、その電荷がゾルの安定性に大きく影響している(たとえば電荷がある程度以下になると凝結を起こす)。ゾルの生成法には分散法と凝結法がある。またゾルは条件によってゲルになる。

とのこと。オルガノゾルの対義語としてヒドロゾル(無機じゃなかった、水だった!)があることが判明してナットクすると同時に、”分散法”、”凝結法”についても調べ始め、その後は芋づる式に、分からない用語を調査し続けた正月の二日である。

以下、項目一覧

  • ゾル
  • ゲル
  • 分散法
  • 電気的分散法
  • 機械的分散法
  • ペプチゼーション
  • 凝縮法
  • 凝縮力
  • 凝析(DLVO理論)
  • 凝集
  • 塩析
  • 分散力
  • 電気二重層
  • 永久双極子
  • 双極子モーメント
  • パウリの排他的原理

こうして書き出してみると、かかった時間(約7時間)の割には、あまり進んでいない印象だが、分散(コロイド)について知識の整理ができて良かったと思う。有益なウェブサイトをいくつか見つけることもできた。(アイメックス社)

断片的な知識が一つの系に成っていく過程は、いつだって楽しい。

さぁ、子供が起きてくるまで、あと3時間。

少し寝よう。

 

solution

年末にダウンロード&ノート化をした『翻訳の泉』を使って勉強中。

第2回の例文1


To a solution of 45 g of 3,4,5-trimethoxy-benzaldehyde in 1.2 L of IPA, there was added 125 g of nitropropane and 67.5 g of t-butyl-ammonium acetate and the reaction mixture was held at reflux for 16 h. This was poured into 6 L of H2O, and extracted with 2×250 mL of hexane.

(中略)

3,4,5 -トリメトキシベンズアルデヒド45gをIPA 1.2 lに溶かした溶液にニトロプロパン125gと酢酸t -ブチルアンモニウム67.5gを加え、反応混合物を16時間還流した。これを水6 l中に注ぎ、250mlのヘキサンで2回抽出した

自分でも訳してみたところ、冒頭のsolutionの訳で引っ掛かった。solution=溶液でいいのだろうか?

”1.2L(リットルで分量を表現する⇒液体)のIPAの中に、45gの3,4,5 -トリメトキシベンズアルデヒドが入ったsolution”ということはつまり、solutionには少なくともIPAと3,4,5 -トリメトキシベンズアルデヒドの2種類の材料が含まれているということである。2種類以上が混ざっていても『溶液』でいいのだろうか?『混合液』等の別の語はないだろうか?

結論から言えば、『溶液』で問題なかったが、調査の過程で岩波理化学辞典(第3版増補版)を引いたところ、以下のように記載されていた。英語表記が同一であることにびっくり。これは記憶に留めておこう。

溶液(solution)
溶体が液相にある場合、溶液という。固溶体をも含めていうこともある
溶体(solution)
均一相を作っている混合物をいい、相が液相の場合には溶液、固相の場合は固溶体、気相の場合には混合気体と呼ぶ。組成物質の量比が少なくともある範囲内で連続的に変わりうる点で化合物と異なる。巨視的に十分小さい範囲で連続的に変わりうる点で化合物と異なる。巨視的に十分小さい部分において、ある状態量(たとえば密度)がほかの状態量の特定の組合せ(たとえば、温度、圧力)の一定の値に対してただ1つに定まることが必要であって、個々の混合成分に対して問題の状態量の値を区別しなければならない場合には、それを溶体とみなすことはできない。
  また、IPA(イソプロピルアルコール)、ベンズアルデヒド、還流についても調査した。IPAは以前勤めていた会社の別部署(クリーンルームで仕事する系)がよく使っていた気がする。
 そして、リービッヒ管(還流冷却器の一種)は、高校の実験の時間に、2本割ったことを思い出した。。。

ナノマテリアルについて

書棚の本をリスト化する作業の中で、手持ちの本にナノマテリアルに関係するものがあるんじゃないだろうか?と思い至って、捜索すること約5分。

あった!

そのものずばりではないけれど、掠ってるやつがありました!『化学工学概論』の第5.1項「機械的操作ー粉粒体の挙動」

この項の冒頭に掲載されていた以下の図をみると、ナノマテリアルが体に悪影響を及ぼすかも、、、という懸念があるのも、わからんでもない。粒子サイズがタバコの煙と同じ範囲だ。

また併せて、厚労省のWebサイトでナノマテリアルの定義についても確認した。

数時間の作業で、すぐにノートの嵩は増える。勉強の素材はそこら中に転がっている。あとはやるだけ。優先順位を変えるだけ。

2018年まであと数時間。また一年、がんばろうっと。

失敗メモ(1)

P&G特許に関する投稿記事に対して、ビデオ2184号を通じて講評を頂いた。

自作の訳文だけでなく、特許明細書として公表されている対訳のほうも滅多切りである。。。

ふぅ、やってる内容を早めに外出しして良かった。軌道修正をしなくては。

直近の2か月間、休み休みではあったけれど、『橋元の物理』、有機化学の基礎や、シリコーンエマルションに関係するノート作りに精を出してきた。今回、その作業にちょっと飽きた&この特許用に作った用語集も200単語を超えた、ということで、そろそろ、明細書を・・・と思って挑戦してみたけれど、失敗である。そもそも大事なところが抜けていた。

この特許明細書(着色剤含有内相を含むシリコーンエラストマーエマルジョン化粧品組成物)のバックグラウンドとなる技術分野に特化した知識を、あまり積極的に集めていなかった。ここが浅いから、せっかく勉強した(はずの)物理や化学の知識を立体的に活かせない。そして、文脈を掴めないうちに、無理に訳出しようとするから、道理の通らない日本語になる。

    【指摘メモ】

  1. 出典を書いていない
    → 自分のノート(紙媒体)上では、[0002]で特許明細書との照合が取れるようにしていたが、そんなことは、ブログでは伝わらない。そもそも、ブログを見てくれた人が出典を辿れないのだから、結局、何もやっていないに等しい。今後、要注意。
  2. “these materials”を「これらの物質」と訳出してよいか?この文をだけ抜き出すのであれば、前文の「colornat materials」を持ってきた方がよい。
  3. 翻訳の泉を印刷・電子データ化したか?
    →していなかった。どこのビデオを紹介されていたか思い出せないorまだ視聴していない。でも、とにかく電子データ化・印刷&ノートにしろ、ということなので、やる。A4用紙が尽きたので、印刷の一部は明日に回す。
  4. (対訳)時系列で訳出されていない
    →指摘を受けて読み返してみると、確かにその通りだ。少なくとも、時系列を読み取りにくい訳出ではある。そして、この訳出よりも問題な点は、私がこの訳出に疑問を持たず、そのままTaradosに登録していることだ。

・・・他にも色々とご指摘を受けたが、ここに書くのは割愛。


 

>管理人様

最後になりましたが、お忙しいところ、ありがとうございました。

軌道修正をして頑張ります。

 

 

蔵書リスト(1)

以前CVを提出した際の頂いたコメント中に、『蔵書類は別ファイルでリスト化する』という指摘があった。

ウチには本が多い。とても多い。

学生時代に買った&もらったモノ(参考書は買う派だった)、夫のモノ、なぜかあるるモノ・・・学術・お勉強系だけで100くらいはありそうだ。

でも、とりあえず、リスト化を始めた。この作業なら、年末年始の準備の片手間でもできそうだ。年末年始の主婦って忙しい。。。

書棚の右上から開始!