ノートのはしっこ

【もくじ】

通信/IT
  1. 無線通信の発展
  2.電離層について
  3. LTEの基本(リリース8より)
  4. LTE-Adcanced(HetNet)
  5. データ伝送①(誤り制御) 
  6. Active Directory① 
  7. 今後の勉強課題整理のためのマップ①(変調と復調) 
  8. 5G①(概要) (7/8 up)
英語と日本語
  1. canとmayについて
  2. 格助詞「ハ」と「ガ」(日本語練習帳のメモ)(8/6 up)
法律
  1. 米国特許・出願の分類 

  • 無線通信の発展

参考ウェブサイト:知識ベース 知識の森

無線通信まとめ①
無線通信まとめ①(出典:知識の森:4群 モバイル・無線:1編 通信基礎:1章無線通信の発展)

 

 

 

 

 

  • 電離層について
    参考書籍:一般気象学入門第2版 pp.31-32

・地球大気の上層100km~には、電子がたくさんある。
理由)窒素や酸素の原子・分子が太陽光線に含まれる紫外線(波長0.1μm以下)を吸収し、その光のエネルギーが原子核のまわりを回転している電子を原子が叩き出すことによる。
――>光電離(photoionization)

・太陽面の爆発(solar flare)が起こるときには、波長が0.1m以下の紫外線やX線の強度が増大し、E層やD層の電離も増大する。

・電波の屈折度が決まる要因
1.電子数密度(単位容積当たりの電子数):電子数が上空に向かって増加している場合、地上からある角度で発射された電波は電離層に入って次第に屈折し、再び地上に戻ってくることがありうる。
2.波長(周波数)

〇電子数密度の高度分布
・電子数密度が特に大きな層は下から順にE層、F1層、F2層と名付けられている。
・E層の下にも弱いながら電離状態にある層があり、D層と呼ばれる。
・D層の空気密度は、E層、F層と比べると非常に大きい。したがって、紫外線の吸収によって生成された電子が、周囲の分子との衝突する頻度が大きい。
――>電波が下層からD層に入射して、電子が振動しても、その振動のエネルギーが周囲の分子との衝突に使われてしまう。つまり、電波はD層を通過(往復)する際に吸収される。
・夜間は太陽からの紫外線照射がないので、D層はほとんど消失する。
――>夜間、電波は直達距離よりも遠くまで届く。

電子数密度の高度分布(一般気象学入門第2版より)

 

 

 

 

 

 

 

 


  • LTEの基本(リリース8より)

参考ウェブサイト:@IT『次世代の無線技術、LTEの仕組みが分かる』

LTEmap
LTE(Release8)のマップ !! リンク先のファイルサイズ:2MB

 

 

 

 

 


  • LTE-Adcanced(ヘテロジーニアスネットワーク:HetNet)

参考ウェブサイト:NTT DOCOMO テクニカルジャーナル
※各号のPDFファイルをリンク先から入手可能(印刷可、コピー不可)。大変分かりやすい概念図が多数掲載されているが、転載禁止なので本ウェブサイト上では紹介しない。

HetNet
ヘテロジーニアスネットワークのマップ

 

 

 

 

 

 


    • データ伝送①(誤り制御)

    通信分野の明細書を読んだ際、誤り制御について整理するために作成したマップ。

    データ伝送のマップ
    デー伝送の技術のうち、誤り制御についてのマップ

     

 

 

 

 

 

 


  • Active Directory ① (概要)

Windows系のサーバでユーザ認証を提供するシステム(Active Directory)についてメモ。主に、@ITの記事「基礎から分かるActive Directory再入門」の①~③の記事についてまとめたマップ。

Active Direcotryの概要

 

 

 

 

  • 今後の勉強課題整理のためのマップ ~変調と復調① 

測位・通信共通の基本事項である信号処理の技術に関して、これまでに得た知識のキーワードと、これから調べる必要があるキーワードをマップ化した。
なお、書籍から借用した多くの図を、非表示としている。
—– 課題 —–
①電子工学系の部分を、今後(2018年7月~)重点的に取組むこと。
②伝送方式および関連する技術について、これまでに読んだ特許明細書のターゲットが何であったかを考えながら、情報を整理・追記すること。
—————-

 

 

 

 

 

  • 5G①(概要) 

日経エレクトロニクス2018年4月号の特集記事「5G、行きまーす!」の内容をベースに5Gについて、まとめたマップの部分。図表等は、著作権に配慮して非表示。

 

 

 

 

 

 

 

【英語と日本語】

  • canとmayについて

参考ウェブサイト:翻訳の泉第15回 助動詞の話

参考書籍:特許の英語表現・文例集 (KS語学専門書)


(特許の英語表現・文例集 p.111より抜粋)

基本的な助動詞(can, may)の役割
どの程度、その節の内容が正しいかについてのその節の筆者の判断を表している

特許における助動詞の役割
(1)ある事象が発生する可能性があること
(2)ある事象が発生する必要があること
(3)ある事象が発生すると予測されること

[can]
(可能性)
Thorouly debugged software can still produce erroneous output if there are clock errors.

クロック・エラーがあると、完全にデバッグしたソフトウェアでも誤りのある出力が出る可能性があり、したがって、ソフトウェアをデバッグしたからといって、出力の誤りが絶対にないと思うべきではない。そのような誤りの可能性は確かにある。

(能力)
Diamond can cut glass better than most other materials
ダイヤモンドを使えば、ほとんどのほかの物質に比べて、ガラスを上手く切断することができる。

[may]
(可能性)
Thorouly debugged software may still produce erroneous output if there are clock errors.
クロック・エラーがあると、完全にデバッグしたソフトウェアでも誤りのある出力が出る可能性がある。そのようなエラーが起こらないとは言えない。

 

  • 格助詞「ハ」と「ガ」(日本語練習帳のメモ)

参考書籍:日本語練習帳(大野 晋 著 岩波新書)
※本書内にある具体的な例文については、ここに記載しない。


p.46~

・センテンスが「主語ー述語」の関係で成立つ、というのは、英語等ヨーロッパ言語の原則である。
・助詞「ハ」と「ガ」を同じだと思わず、それぞれの役割を意識する必要がある。
・センテンスを音で区分する「文節」は、日本語のセンテンスを「意味の上から」分析するには不適当である。なぜなら、日本語はセンテンスの末尾で肯定、否定、推定(未来)、回想(過去)、疑問など一番重要な判断をするから。

■日本語のセンテンスの組立て方
・AはBである。
・AはBする。

日本語の「AはB」という基本文型では、「Aは」で一度切れて、文末のBと結ぶのだから、AとBの間は短い方がよい。

■助詞「ハ」の本質的性質(p.75)
すぐ上にあることを「他と区別して確定したこと(もの)」として問題とする。

■助詞「ガ」の本質的性質(p.76~)
直上に来る名詞と下に来る名詞を引っ付けて、ひとかたまりの観念とする。
・Aガ・・・スルB(名詞)
・Aガ・・・デアルB(名詞)

■本質的性質の延長上にある「ハ」の4つの役割
①問題(topic)を設定して、下にその答えがくると予約する。
②対比する
③限度を示す
④再問題化

■本質的性質の延長上にある「ガ」の2つの役割
①名詞と名詞をくっつける
②現象文を作る


【法律】

  • 米国特許・出願の分類

「関連出願の相互参照」の英文和訳に関して、集中的に対訳を集めて勉強した際、米国特許における出願の分類について整理したノートの一部

参考ウェブサイト・資料:
1.米国特許実務ノート(http://www.craft-ip.com/uspat/start)
2.PCT国際出願制度の概要(平成29年度知的財産権制度説明会(実務者向け)テキスト, 特許庁)