AddQuicktagはどこにある?

各種翻訳ツール・ブログ

WordPress5.0が2018年12月に公開されたが、新エディタ 「Gutenberg(グーテンベルク)」が怖くて、 いままで更新を控えていた。(関連記事:https://ketanotes.com/2018/12/31/progress-report-20181226-31-wordpress5-0/

しかし、最新のバージョンが5.1以上まで進んでいるので思い切って更新してみた。その結果、大事なプラグイン「AddQuicktag」がどこにあるのかが分からなくなり、探し出すのに30分くらいかかった。。。以下、備忘録。

AddQuicktag(アドクイックタグ)とは

20190321現在のプラグイン「AddQuicktag」

AddQuicktag は HTML エディター・ビジュアルエディターへのクイックタグの追加を容易にします。クイックタグの設定を JSON ファイルとしてエクスポートすることが可能です。エクスポートしたファイルは他の WordPress にインポートすることができます。

SWALLOWのショートコード

このブログで利用している有料テーマ「SWALLOW(スワロー)」は、AddQuicktag用のサンプルファイル(Jason)を配布している。詳細はこちら(一番下までスクロールする)

AddQuicktagの場所

手順1

ショートコード(引用・補足説明・ボックス・吹き出しなど)を入れたい場所にマウスを置いて、「+」を表示する。

手順2

「クラシック」を選択する。見つからないときは「ブロックの検索」をする。

手順3

「QuickTag」押下で、プルダウンメニューが出てくる。

今のところ、AddQuicktagが使えるのは、この「クラシック」だけのようだ。カスタムHTMLでも使えるようになってくれたら良いのだが。。。