進捗(4/8~4/14)機械要素部品屋さんの製品カタログ

ほかの技術知識

 Google広告で見つけた鍋屋バイテックのウェブサイトを閲覧していたところ、カタログおよびHow-To冊子が無料配布されていたので、取り寄せてみた。

  • 『設計者のための考えるヒント – 課題解決事例集2019』 (全84頁)
  • 『傳動機器虎の巻 第6版』 (全352頁)
  • 『NBK総合カタログ2019』 (全2265頁)
NBKの製品カタログ:左から『設計者のための考えるヒント 課題解決事例集2019』『傳動機器虎の巻 第6版』『NBK総合カタログ2019』

『設計者のための考えるヒント 課題解決事例集2019 』

 取り寄せた3冊のうち、いちばん薄くかつ、素人の役に立ちそうな一冊。紙面の大部分がイラストであり、眺めているだけでもおもしろい。

Chapter 1 基礎から学ぶ

 カップリングなどの構造と用途が紹介されている。紹介項目は、カップリング、リニアガイド用ブレーキ・クランプ機構、高性能ショックアブソーバ、機械要素部品、特殊ネジ、ブーリー・シーブ、高性能グリッパの計7点で、名称を聞いても用途がまったく思い浮かばないようなときにみると良さそうだ。

カップリングとは

カップリング(軸継手)とは、モータなどの駆動軸と従動軸とをつなぎ、動力を伝達する機械要素部品です。

なぜカップリングが必要なのか?

(中略)カップリングにたわみ性を持たせることで、両軸間の芯ずれ(ミスアライメント)を許容し、軸受けの偏摩耗や装置の振動など、ミスアライメントに起因するトラブルを軽減することができます。

p.3

Chapter 2 業界から探す

p.19

 工作機械・半導体装置・食品機械・自動車製造工程・医療機器・FA機器業界について、NBKの製品が課題解決に貢献できる事例が紹介されている。たとえば半導体前工程の成膜・スパッタリング装置の項は図のとおり。今年の1~3月にかけて半導体プロセスを勉強した際には、半導体とネジの関係などまったく思い浮かばなかった。ネジの視点で工程を考えると、これはこれで新鮮だ。

 

Chapter 3 課題から探す

生産性向上(11件)、省エネ・工数削減(6件)、小型・軽量化(11件)など9つの視点から、各課題を解決する事例や装置が紹介されている。


 鍋屋バイテックのウェブサイト上には、これら冊子の無料配布のほか、動画による技術解説やネジの基礎講座など、機械系の翻訳をするときに役に立ちそうなものが沢山あった。昔、実家 (旋盤・ボール盤加工の零細の町工場,すでに廃業) で見たことがあるような部品も多く掲載されており「あぁ、あれはそういう役割だったのか」と今更ながら納得する部分も多い。